So-net無料ブログ作成

市場価格と均衡価格の違い [学校]

社会科の時間に、「市場価格と均衡価格の違い」について、質問を受けた。

例によって、いいかげんに、「同じものだよね。」とか、答えたのだけど、

「市場経済においては、需要と供給のバランスのつりあったところで、価格が決定する、その価格が市場価格、
 需要と供給のバランスのつりあったところが均衡価格、
 だから、同じ。」
と、説明しても、余計わからなくしてしまったみたい。

なので、インターネットで、「市場価格と均衡価格の違い」というキーワードで検索すると、なんと、東京書籍のQ&A、「教科書に関する質問事例を紹介します。」というページがヒット。(http://www.tokyo-shoseki.co.jp/e-mail/qanda/q-js-shakai/q03-01.htm

Q 教科書p.117で使われている「市場価格」と「均衡価格」の違いを具体的に教えてください。    

A 市場価格は需要と供給の変化に影響を受けますが,現実の経済状況では,市場価格は需要と供給の「一致」する均衡価格にはならないことがあります。
 市場価格と均衡価格を区別したのは,市場での価格(市場で決まる価格,市場価格)が必ずしも需給を一致させる価格(=均衡価格)ではないことを明確にしたかったからです。価格は長期的には需給を一致させる傾向があるとしても,短期的には需給の不一致を残す不均衡価格となる可能性があります。たとえばある商品が品不足のとき価格は上昇していきますが,均衡に行き着くまでは不均衡価格です。この不均衡価格も現に市場で取引がなされる価格である以上,市場価格とよぶことができます。教科書ではこのように(不均衡価格を含む)市場価格と均衡価格とを使い分けています。

という説明を見つけることができた。

だいたい、生徒がなぜ、この質問をしたかというと、
ワークの問題、
(1)商品が売り買いされる場を何といいますか。
(2)買い手が商品をある価格で買おうとする量を何といいますか。
(3)売り手が商品をある価格で売ろうとする量を何といいますか。
(4)買い手と売り手によって決まる価格を何といいますか。

(4)の答として、市場価格と模範解答に書いてあったからだと思われるのです。

(4)の設問で、市場価格か、均衡価格かを判断するのは、むずかしい気がするのですが・・・・・。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 1

GV経済

よく勉強になりました。
by GV経済 (2013-02-03 00:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1